株価算定や不動産投資|リーズナブルに投資ができる

何故投資が人気なのか

コールセンターで話す女

なぜ今、不動産投資なのか

公務員によるワンルームマンションを中心とした不動産投資が積極的に行われています。なぜ今、収益物件への投資が人気なのでしょうか。 背景には、アベノミクスによる低金利とインフレへの期待があります。物価上昇が今後顕著になった場合には、預金通帳にお金を貯め込んでいても、実質的な貨幣価値が下がってしまうため、不動産をはじめとする実物資産に投資しておこうということです。 公務員は、民間企業とは異なり、基本的には「倒産」というものがなく、給料も安定していることから安心して収益物件を購入するということができますし、金融機関も彼らに対してはデフォルトリスクが小さいことから融資に前向きになることも不動産投資が人気化する理由の一つとなっています。これは、東京オリンピックが開催される2020年までは継続することでしょう。

エリア選択と利回りには注意

しかし、公務員が行う不動産投資も一定のリスクは伴います。 不動産投資は、賃料収入があってはじめて収益を生みます。もし、購入した物件が空室となった場合には、給料によってその物件のローンを返済しなければなりません。自分が住んでいる住宅を別に購入しているケースでは、二重にローンを返すことになり、たとえ給料が安定している公務員といえども生活は逼迫する可能性があります。 したがって、物件選択には慎重にならなければいけません。新築のワンルームマンションであれば、入居者は入りやすいのですが、その分物件の価格も高額になることが多く、利回りは低くなります。実質の利回りが2%を割り込んでしまうと、賃料収入だけでは毎月の元利返済合計額を返済できなくなることがほとんどですので、この点についても十分に注意しましょう。